ハウスメーカーで建てる場合

注文住宅の場合、構想を始めてから実際に家が建つまで、どのくらいの期間を要するのでしょうか。注文住宅の場合、工法だとか規模といった要件に左右されますが、工事などは実作業なので期間というのはおおむね決まってくるものなのです。たとえばハウスメーカーに建設を依頼した場合、計画の開始から入居するまでにだいたい9か月くらいかかると言われています。まずプランを作成し、見積もりを行い、その上で詳細を決め、最後に建設をするというのがだいたいの流れになります。

工務店で建てる場合はどうか

工務店に計画を依頼する場合、ハウスメーカーよりも少し期間を多めに見積もっておいた方が良いでしょう。だいたいプランを立ててから実際に入居できるまで、だいたい10か月くらいかかると言われています。工務店と一口に言っても、それにはさまざまな業態があり、とりわけプランの設定に関しては、ハウスメーカーに依頼するよりも時間がかかる傾向にあります。工務店には設計事務所並に設計力があるところと、図面通りにしかやってくれなかったりするようなところと、それぞれの力量に大きな差があったりするので、どの工務店に依頼するのかというところに時間を割かれがちなのです。

設計事務所に依頼をするなら

設計事務所に依頼をする場合、工務店やハウスメーカーに依頼をするよりもかなり時間がかかると言えるでしょう。だいたい一般的な計画を立てた場合、入居までおよそ14か月くらいかかったりすします。設計事務所ではとりわけ基本設計に力を入れている場合が多く、基本設計が最も重要な工程であるため、この期間に一年ほどの時間を要する設計事務所もあったりするほどです。設計事務所の場合、施主のファーストプランを基に設計を考えていくことが多いので、このファーストプランがしっくりきた場合は、思いのほか早く工事に取り掛かれるという場合も多いようです。

注文住宅は自分の好きな間取りなど要望を聞いてもらえますが、住宅に詳しくないと思うような家が出来上がりません。建売は自己の要望は通りませんが利便性に長けた間取りになっています。