賃貸契約をする場合に知っておきたいこと

引っ越しをする場合や就職をする場合など、賃貸住宅を借りることがありますが、賃貸住宅を初めて借りる場合は、右も左もわからない状態。ですが、賃貸住宅は一度借りるとなかなかすぐには解約ができず、解約をしたとしても引っ越し代などでお金がかかってしまうため、できれば一回目で納得できる条件の賃貸物件を借りたいところです。そこで、賃貸住宅を借りる場合に、後悔をしない方法として、できるだけ条件が良い物件を選ぶには2月、3月は避けたほうがいいのです。この時期は就職や進学、単身赴任と様々な理由で賃貸物件を探す人が増え、競争率が激しく良い物件はあまり残っていない可能性があります。そこで、可能であれば1月かそれより前には物件を探すようにしましょう。

結局初回にどれくらいの費用が掛かるのか

では、賃貸物件を借りるためにはどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。賃貸物件にも年単位で更新する普通の賃貸物件以外にもマンスリーで借りる物件があります。年単位の更新がある物件に関しては、初回にかかる費用は、初月の家賃、礼金、敷金、仲介手数料、その他鍵代、火災保険料などです。例えばワンルーム6万円の賃貸マンションを借りる場合は、礼金、敷金、仲介手数料はそれぞれ家賃の1か月分ですので、初月の家賃を合わせると24万円、それに加えて鍵代や火災保険料などもかかりますので、30万円ぐらいかかると考えておけば間違いないところです。マンスリーの場合は、敷金、礼金、仲介手数料がないところが普通です。

忘れてはいけない更新時期について

賃貸物件を借りるこができればあとは毎月家賃を滞納しないように払い続けることが必要ですがこの点は当たり前ですね。実は、それ以外に忘れてはいけないことがあります。それは、更新です。更新は普通の賃貸物件であれば2年に1度のことが多いのですが、更新料を払わなければなりません。更新料は大体ど尾賃貸物件でも家賃の1か月分、それ以外に火災保険も更新しなければならないため、さらに1万5千円程度が必要になるのでお金の準備は忘れないようにしてくださいね。

帯広は商業施設が充実していますし、交通網も発達しています。帯広の賃貸はとても人気が高いので、問い合わせが増えています。