自己資金を貯めてマンション購入の準備をする

マンションを購入しようと決意したら、その準備として自己資金を貯めなければいけないでしょう。通常頭金と言われている金額は、物件価格の2割ぐらい貯めると良いと言われています。その理由は購入後の住宅ローンの返済をできる限り少なくするということですが、それ以外にも、ちゃんと毎月積み立ててお金が貯められるくせを付けるためという理由もあります。そのため、住宅ローンを返済するようなつもりで毎月決まった額を積み立てて頭金を用意するのがいいでしょう。

両親や祖父母から贈与してもらう

自分以外の人からお金をただでもらうとそれは贈与ということになって年間110万円の基礎控除を超えた部分には贈与税がかかるのが原則です。しかし、祖父母や両親などからマンション等の購入時に資金援助を受ける場合は、一定金額までは贈与税が非課税になるという特例や、相続時精算課税といって累計2500万円までは贈与税が非課税になる(後で相続税はかかる)制度があります。これを活用することで、頭金をさらに大きくすることができ、借入金額を減らすことができるでしょう。

不足分は住宅ローンで賄う

頭金や贈与を受けた金額で不足があれば住宅ローンを組むしかありません。ローンを借りるにはマンションの資産価値と購入者の信用や収入を確認する審査があり、それをパスするとローンが組めます。ローンの金額は、物件価格から頭金を引いた金額ではなく、物件価格と諸費用を合計したものから頭金を引いた金額にする必要があるでしょう。諸費用とは、登記費用や引っ越し費用、団体生命保険の保険料や長期割引を受けるための火災保険料の一括支払い、そして新しい家具等の購入費用等のことです。

函館のマンションは分譲物件も格安ですから今まで欲しかったマイホームもお得な価格で買うことができ経済的です。