家を購入するなら分譲住宅?それとも注文住宅?

お金を貯めて念願のマイホームを購入するということになった時、そこにはふたつの選択肢があります。すなわち、分譲住宅にするか注文住宅にするかという問題です。絶対に分譲住宅がいいと答えたあなたはとても堅実な方です。なぜなら、分譲住宅はもう完成品がそこにあるので、家を建てた後でイメージと違う!こんなはずじゃなかったと後悔せずにすむからです。でもその一方で、どうせ買うなら設計の段階から立ち合って、自分の理想の家を作りたいというのも極めて自然な気持ちだと言えるでしょう。

注文住宅建築の際の3つの選択肢

悩んだ末に注文住宅を購入しようと決心したならば、次は第二の選択として依頼先をどこにするかを決めなくてはなりません。そして、この場合の選択肢は主にハウスメーカー、工務店、設計事務所の3つということになります。どの業者も家を建てることに関してはエキスパートです。しかし、それぞれに得手不得手があるので、まずはあなたがどんな家を建てたいかというビジョンをしっかり組み立てた上で、ベストマッチする業者を選ばなくてはなりません。ちなみに、それぞれの特徴をひとことで言うならば、ハウスメーカーが大量生産型、工務店が地域密着型、設計事務所がクリエーター型と言ったところでしょうか。

三者三様!それぞれの家づくりの特徴とは?

ハウスメーカーの家づくりは材料の規格も建築方式の仕様もある程度決まっていて、定められたやり方で一気に作ってしまうので工期短く品質も比較的安定しています。しかしその反面、仕様に外れた要望をリクエストしても応えてくれないか、応えたとしてもコストが跳ね上がってしまいます。一方、工務店は地元のお客を大切にするので細かい要望にも耳を傾けてくれ、コストも他に比べると安めですが、業者によって技量の差が大きいので外れの業者を選んでしまうとあとで後悔することにもなりかねません。設計事務所は設計が専門だけあって、個性的な家を建てたい場合でも心強い味方になってくれますが、何かとお金がかかるのが難点です。以上の点を踏まえて大まかにまとめるならば、安全志向ならハウスメーカー、金に糸目をつけずに自分だけのこだわりの家を建てたいというのなら設計事務所、安くても自分の要望もそれなりに取り入れた家がほしいのであれば評判の良い工務店を探すのが吉ということになるでしょう。

注文住宅の場合、デザインや間取りをはじめとした様々な面に対して自分の希望を反映させることができる点が魅力です。神奈川での注文住宅を手掛ける工務店の中でも評判の良い所を選ぶことで、優れた技術力によって様々なこだわりを実現することができます。